給湯器のリモコンを100均の木製トレイで隠す

キャンドゥだったかセリアだったか、
記憶が不確かですが、
前回と同じ木製トレイを買ってきました。

キャンドゥで買ったシンプルな木製トレイに紙やマスキングテープを貼って遊びました。吊り金具を付けて額縁のように使おうと思います。

今回は底板を外さずに、
枠の内側だけをくり抜きたいと思います。

底板の1ミリ位の厚さがあるかないかで大違いなんです。。

枠作り

彫刻刀の平刀と、
トンカチを使ってくり抜きたいと思います。

彫刻刀も100均です。

彫刻刀をトンカチで叩いて、
枠に沿って切れ目を入れていきました。

下に傷が付かないように厚めの板を敷いています。

一周ぐるりと切れ目を入れたので、
トンカチで底板を叩いて、
くり抜き成功!

はめるとこんな感じです。

この(底板の厚みも含んだ)枠の厚みが、
給湯器のリモコンの厚みとほぼ同じなんです。

描いている完成形は、

「木製トレイが額縁のように、
リモコンの白い無機質な厚みを隠す。」

です。

次は枠に好きな紙を貼って遊びます。

枠に紙を貼ったり色鉛筆で塗ったり

紙はセリアで買ったデザインペーパーです。

枠に合わせて切って、フエキノリで貼りました。
枠の内と外に貼りました。

フエキノリも100均です。


枠の縁は幅が細いので色鉛筆で塗ることにしました。

正解が分からないので3色くらい用意して、
適当に塗っていきました。

出来上がり♪

この枠で給湯器のリモコンを、
バランスよく囲いたいと思います。

「こびょう」を使って枠を引っ掛ける

枠の位置を決めたら、
こびょう」を2ヵ所に打ちました。

こびょうはホームセンターで買いました。

細い短い釘です。
買ったサイズは太さ0.9mm長さ19mm。
なんと220本も入っています。。

こびょうを上の隅に打って、
ここに枠を引っ掛けるだけの簡単な作りです。

完成♪


完璧にリモコンを隠すと使い辛いので、
このくらいがいい感じ♪
自己満足です。。

ちなみにリモコンの厚みは、約17mm。
木枠の厚みは、約17mm弱です。

スポンサーリンク


ブログランキング



にほんブログ村 雑貨ブログ 生活雑貨へ
にほんブログ村 雑貨ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする